カリキュラムの秘密

東進こども英語塾の強みは、カリキュラムの
「質」と「量」です

子どもの成長に合わせて
母国語と同じように英語を
習得できるカリキュラム

1. セサミストリートの映像の力

映像を使ったレッスンでは、対訳する学習法とは異なり、言葉をイメージで捉えることができるため、実生活で母国語を覚えるのと同じように英語を身につけることができます。
また、セサミストリートのキャラクターたちが、それぞれの個性を活かしながら子どもたちの興味を引き付け、「楽しい」「もっと知りたい」を自然と引き出してくれるので、先生自身も子どもと一緒に楽しみながらレッスンを進行できます。

2. スピーキング

英語を話す時間を増やすことで「発信するための英語力」を子どもたちが身につけられるよう、レッスンでは必ずスピーキングの時間を設けています。
スピーキングの題材は、子どもの成長に合わせて設定されているので、「話す」ことに無理なく自然に入っていけるようになっています。
また、CEFR (ヨーロッパ言語共通参照枠)にも準じた構成となっているため、体系的に力を伸ばしていくことができます。

3. 子どもの成長に合わせたカリキュラム

K(幼児)コース<3歳~6歳>

英語に親しみ、英語を英語として理解します。

P(小学生)コース<1年目・2年目>

英語の読み書きの基礎を身につけます。

P(小学生)コース<3年目・4年目>

英語で自分の考えを発信する力の素地を作ります。

P(小学生)コース<5年目・6年目>

英語で発信し、コミュニケーションを実践します。

レッスンだけではなく、様々なシチュエーションで
英語を身につけていく総合プログラム

子どもたちが、英語圏の子どもたちのように英語を使いこなせるように、レッスン以外にも、学習の定着を促す「ホームレビュー」や、成果を確認するための各種イベントを用意しています。

英語が自然と大好きになる
東進こども英語塾の独自システム「ホームレビュー」

東進こども英語塾では、教室でのレッスンにプラスして、毎日パソコンやスマートフォンで英語に触れられるシステム「ホームレビュー」を提供しています。

圧倒的な量の英語に触れる
外国語をマスターするには、最低でも約1,000時間が必要と言われています。 例えば、親の海外赴任に帯同して子どもが海外に渡ると、約半年のサイレントピリオド(言葉を発するための準備期間)のあと、一気に発話するようになると言われています。これが1,000時間です。
ホームレビューを毎日見ることで、日本にいながらにして、ほぼ同じ量の英語に3.5年で触れることができます。
繰り返すことで、定着を促進する
ホームレビューでは、レッスンで使用した映像教材を繰り返し見ることができます。 楽しいレッスンを再現し、子どもたちの力をより引き出し、吸収効率を高め、定着を促します。
確認テスト
子どもたちの英語学習へのモチベーションアップと日々の成果の確認のため、P1コース以上ではホームレビューを活用したオンラインテストを行っています。
期間中、何度でも繰り返して受けることができるので、レッスン内容の定着に役立ちます。

日頃の成果を確認できる各種イベントで
子どもたちのやる気もアップ

学んだことをアウトプットできる機会を設けることで、日ごろのレッスンに対する生徒のモチベーションを高めています。

使う
(ネイティブ先生とのイベントや、アクティビティなど)
発表する(生徒発表会)
測る(英検模試)

★タイプ別の働き方★

子育て・家事と両立したい セカンドキャリアを充実させたい 海外経験や英語の資格を活かしたい わが子の英語教育にもこだわりたい 新しい英語教育を、私たちの手で作っていきたい!