• オーナー先生の仕事
  • 東進こども英語塾とは
  • サポート体制
  • 開校までの流れ
  • 先生の声
  • よくある質問

先生の声「全国で活躍中のオーナー先生からのメッセージです。」

オーナー先生の声

「自分のこどもにセサミストリートの英語を教えたい気持ちからオーナー先生に」二宮千佐加先生(鳩ケ谷辻教室)

メーカーに長年勤務した経験から、一人でも多くの子どもたちが、将来、コミュニケーションの道具として英語を自由に使えるようになってほしいという思いを胸に、教室を開校しました。

開校当時、小学2年生だった娘は、生徒として、そしてスタッフとして、教室の運営に協力してくれました。生徒の目線で、レッスンやイベントについて感想を言ってくれるので、講師からの目線では気づきにくいことをたくさん教えてくれました。英語教室のことで話をすることも多く、娘と一緒にこの教室を作ってきた、という気持ちが強いです。これからも、娘との関係を大事にしながらこの仕事を続けていきたいと思っています。

こんなエピソードもありました。小学2年生のAちゃんが、「私、先生が教室を続ける限り、ずっと英語を習いに来る」と言ってくれたので、私が「じゃあ先生は、Aちゃんが来てくれるなら、ずっと英語教えたいな」と答えると、「じゃあ、ずっと終わらないね!」と笑いながらやり取りをしたのを思い出します。その生徒さんは中学生になり、将来英語を使う仕事につきたい!という夢をもって、今も教室に通ってきてくれています。

?ツィ?a?ソ?窶。?i?1?E?I?[?i?[?a?ツカ?a??窶ーi?I?2?A窶彗?E?窶???????I?ツア???c?c?c
?I?[?i?[?a?ツカ?a??窶ーi?E?C?x?窶?g?I?ツア???c
?窶???????I?ツア???c