Type03「海外経験や英語の資格を活かしたい」
こんな人に向いています!「留学・ワーホリなど海外滞在経験があるあなた」「英語の仕事に就くことを目指して勉強してきたあなた」「教えることを通じて自分の英語力を高めたいあなた」
海外経験を活かしている先生に聞いてみました!
こども英語の先生になろうと思ったきっかけは?

2006〜2008年の間、主人の海外赴任に伴いアメリカに住んでいました。東進こども英語塾のセサミストリートイングリッシュとフォニックスによる学習カリキュラムの2つは、アメリカのこどもたちが英語を学ぶ方法と全く同じだったので、「これが日本でもできるのか!」と喜びを感じ、オーナー先生になることを決めました。


教室を開校した当初、一人でも多くのこどもたちに「楽しみながら、使える英語を身につけてもらうためにはどうすればよいか」をずっと考えていました。そこで私は、アメリカでの楽しかった思い出を、日本のこどもたちに体感してもらおうと思いついたのです。アメリカでは、ハロウィンやクリスマス、イースターなどの季節イベントにお友達を大勢呼ぶのが当たり前でした。こどもたちに、いきなり英語のみでコミュニケーションをとるのではなく、英語圏のイベントを通して英語圏の文化に触れてもらおうと思っていました。現地のこどもたちも日本で生まれ育ったこどもたちも同じように喜んでくれています。

先生の夢は何ですか?

「ここに来れば、異文化が感じられて、日本では味わえないような体験ができる!」と思ってもらえるような教室を目指しています。


確かな英語力を身につけることはもちろん、他者を認め、理解し、思いやれる人になってほしいです。そして遊びも仕事も含めて人生をより豊かにしてもらいたいです。

また東進こども英語塾のこどもたちは、小学校を卒業すると同時に教室も卒業していきます。けれど、ここで一緒に学んできた仲間や思い出は、一生残ります。彼らが大きくなってもいつでも戻って来たくなるような場所にしたいと思っています。

未来の先生仲間へのメッセージをどうぞ!

「学生時代、英語は苦手だった……」「海外旅行に行って英語の重要性を感じた……」「留学して英語力を身につけた……」など、どなたにもご自身の英語体験というものがあるかと思います。


私は、東進こども英語塾のカリキュラムを知り、「欲しいと思っていたけれど、日本になかったものがついに来た!」と思いました。まずは気軽な気持ちで説明会に参加して、実際に目で見て、体感してみるのが一番だと思います。

ここが気になる!データで見る先生たち
1日のスケジュール
6:00起床・お弁当作り/7:00家事/9:00その日のスケジュール確認・おでかけ・自分の自由な時間
レッスンの準備/12:00昼食
14:00レッスン
19:00夕食の準備・自分の自由な時間・レッスンの見直し・フィードバック・メールチェック/23:30就寝